*

中国の養生学 三月の養生~この時期は「遅寝早起」を!

公開日: : 中国の養生学

三月は遅く寝て早起きしよう!

甘いもので肝を補おう!

jingzhe01 (480x346)
気候の特徴:三月は春の暦の半分が過ぎようとしている時期で「啓蟄」「春分」の二つの節気があります。
「啓蟄」とは春の雷が初めて鳴り、土の中で冬眠していた昆虫達が驚いて目を覚ますことを表します。一般的な気候の規律によると啓蟄の前後から各地で気温が暖かくなり始め、春の雷が発生し、冬眠していた動物が目覚めて土から出てきて活動を始めます。雨の日もだんだん多くなり春の種蒔きに良い時期となります。
春分の『分』とは半分過ぎたという意味があります。これはまさに農家が一番忙しい時期であり、春の暖かさで花が咲き始める時期でもあります。

中国医学では、春は肝臓に影響があるとされています。肝の気が旺盛になりますが脾(消化器系)は傷みやすくなります。そこで春は甘味のあるものを多く食べ酸味のものは食べ過ぎないようにして脾を養いましょう。

養生の原則:春と夏は陽を補う・・・《黄帝内経》より

養生のポイント:春は肝臓を大切にしましょう。
春は常に疲れを感じて気力がなく、ボーッとして眠たく朝もなかなか起きられず、民間では「春困」と言われています。これは人体の生理的機能が季節の変化に合わせて現われ始めた一種の正常な生理現象なのです。
三月は、自然界の現象および自分の体質に合わせて合理的に精神、日常生活、飲食の調整により療養をしましょう。
《黄帝内経》によると「春の三月は古きから新しきに入れかわる時期である。天地が生気を備え万物が栄える。夜は遅めに寝て朝は早く起き、庭をゆったりと散歩し、髪を解いてのびのびと行動し、意思を生じさせる。」と言われています。これは春は万物が生き返る時期で、夜更かししても良いが、早く起きゆっくりと散歩などすることで、精神を快適にし身体を健康にしましょう、ということです。ただし北の方の地域は気温は割と寒いので、朝晩の温度差が大きい地域の人は暖かくするように気をつけましょう。
chunfen02 (480x315)春は肝臓に影響するので、しっかり養生しないと肝臓を傷めます。現代流行病学の調査によると春は肝臓病の発生率が高い季節で、肝臓を養い保護して春の伝染病の流行を防ぐことが大切といわれます。

飲食の注意:酸味を控えて甘味を増やし脾の気を養う
春の飲食は節季の変化に合わせ、各人の体質の状況も考えることが必要です。「春と夏は陽を補う」ことを原則として、陽の気を補うものを多く食べるのが適切です。唐の時代の薬学王の孫思邈は「春の日は酸味を省き甘味を増やし脾の気を補うのが宜しい」と述べています。中医学では脾や胃は後々の健康状態の元になると考えられているため、春は肝臓に影響し肝の気が旺盛だと脾を傷めるので、春は甘味のものを多く食べ酸味のものを少なくして脾を補うようにしましょう。

ナツメ、おこげ、ヤマイモ、ニラ、ホウレン草、ナズナ、鶏肉、鶏肝などの甘いのものを多めに食べましょう。
トマト、レモン、ミカンなどの酸味のものを食べるのは少なめにしましょう。

オススメの療法レシピ:ヤマイモ粥
shanyaozho01 (480x364) (2)材 料:新鮮なヤマイモ 100〜200g うるち米 100g
作り方:ヤマイモを洗って皮をむき、適度な大きさに切り米と一緒に煮る。
効 能:ヤマイモは脾臓や腎臓を健やかにし、肺を補います。

三月:晚睡早起 食甜养肝

气候特点:三月是春天将要过一半的时候,包含“惊蛰”和“春分”两个节气。
“惊蛰”是指春雷初响,惊醒蛰伏中的昆虫。按照一般气候规律,“惊蛰”前后各地的天气已开始转暖,并渐有春雷的出现,冬眠的动物开始苏醒出土活动。雨水渐多,是春播的有利时机。
春分的“分”,是过了一半的意思。此时正是农家最忙的时节,也应该是春暖花开的时节。中医认为,春天应肝,肝气旺可伤脾。因此,春季要注意多食甜,少食酸以养脾。
养生原则:春夏养阳”
养生关键:春养肝
春天,人们常感到困乏无力、昏沉欲睡,早晨醒来也较迟,民间称之为“春困”。这是人体的生理功能随季节变化而出现的一种正常生理现象。三月的养生要根据自然物候现象及自身体质差异进行合理的精神、起居、饮食的调养。
《黄帝内经》曰:“春三月,此谓发陈。天地俱生,万物以荣。夜卧早起,广步于庭,披发缓行,以使志生。”这就是说,春天万物复苏,应该晚睡早起,散步缓行,这样可以使精神愉快、身体健康。但处于北方气温较低,早晚温差大地区的人还要注意保暖。春季应肝,如养生不当,可能伤肝。现代流行病学调查表明,春天属肝病高发季节,要注意养肝、保肝,防止春季传染病的流行。
饮食调养:“省酸,增甘,以养脾气”
春季的饮食既要根据节气变化,又要考虑个人的体质情况。以“春夏养阳”为主要原则,也就是适当多吃能温补阳气的食物。唐代药王孙思邈说:“春日宜省酸,增甘,以养脾气。”中医认为脾胃是后天之本,春天应肝,肝气旺可伤脾,所以春季要注意多食甜,少食酸以养脾。
多食甜 如大枣、锅巴、山药、韭菜、菠菜、荠菜、鸡肉、鸡肝等。
少食酸 如西红柿、柠檬、橘子等。
推荐食疗:

山药粥
用料:鲜山药100~200克,粳米100克。
制法:将山药洗净去皮切块,与粳米同煮。
功用:山药健脾益肾补肺。

関連記事

中国語教室学楽 陰陽五行説 赤い食物トマト

中国の養生学 夏は紅いものを食べよう!

季節は巡り、はや夏前に台風が日本にやってきました。人は勿論、若葉や這い出てきた虫達もビックリ

記事を読む

中国の養生学 十一月の養生 ~栄養豊富に冬の支度~

十一月は早寝遅起きで陽気を守る 十一月は、冬の本格的な到来の季節で、二十四節気でいうと「立冬」と「

記事を読む

中国の養生学 ~八種の心得~

いよいよ今年も残りが少なくなってきました。一年一年が早いですね。 このように年を重ねるごとに思うこ

記事を読む

中国の養生学 六月の養生 ~遅寝早起きで快調に!~

遅めに寝て早く起き、お通じを良くしましょう! 六月は夏が本格的に始まるときで、二十四節気で

記事を読む

中国の養生学 八月の養生 ~早寝早起きは気持ちが安らぐ~

八月は鶏と同じように、夜明けとともに起き、暗くなると眠ることで心を安らかにしましょう。 8月は夏が

記事を読む

中国語で知る季節の養生法・・・秋の養生

けだるい秋は・・・ 秋になると、体が怠くて、疲労感を感じる人が少なくないでしょう。 昔から百姓た

記事を読む

中国の養生学 二月の養生・・・春こそ厚着を!

陽気が生じるとき。春は厚着を!肝臓を大切に 気候の特徴:二月は春の暦の始まりで、立春と雨水の二

記事を読む

中国の養生学 十二月の養生 ~養生に最適の季節!~

十二月は静と動、 適度なバランスで! 十二月は、一年の締めくくりで、二十四節気でいうと「大雪」と「

記事を読む

中国の養生学 一月の養生―腎臓を大切に!

新年おめでとうございます。 今年もあっというまに学楽の新年が始まりました。本年もどうぞよろしくお願

記事を読む

中国の養生学 ~果物のパワー~

季節も進んで日に日に寒くなってきましたね。 急な寒さで体調を崩していませんか? 果物こそ健康を保

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

中国語教室学楽HP 京都の中国語教室 学楽

中国語教室 学楽 無料体験授業申込 株式会社 学楽 会社概要 株式会社 学楽 会社概要 株式会社学楽 メディア掲載履歴
中国語への近道~季節の漢詩に学ぶ~

さわやかな、過ごしやすい季節になりました。 今回は春にちなんだ漢詩を

中国の養生学 十二月の養生 ~養生に最適の季節!~

十二月は静と動、 適度なバランスで! 十二月は、一年の締めくくりで、

中国の養生学 十一月の養生 ~栄養豊富に冬の支度~

十一月は早寝遅起きで陽気を守る 十一月は、冬の本格的な到来の季節で、

中国語で学ぶ人生哲学~日々是好日~

昨日と今日は必ず違う・・・日日是好日 「早起きは三文の得」の諺のよう

中国の養生学 十月の養生 ~気持ち安らかに秋を過ごす~

十月は気持ちを落ちつけ、乾燥を防ぎ、陰精を養う 十月は秋の終わり

→もっと見る

中国語教室 学楽について

株式会社 学楽 会社概要





PAGE TOP ↑